トップページ > 住まいの防犯対策 > 戸建て防犯チェックシート

戸建て防犯チェックシート

出入り口(玄関/勝手口)
道路からよく見える。
ドアは、破壊が困難な材質のものである。
ドアの錠は、ピッキング、サムターン回し等への対策が講じられている。
ドアとドア枠のすき間からカンヌキが見えない。
1ドア2ロックになっている。
採光用のガラスが破られても手を差し込めない構造である。
ドアチェーンや取り外せないドアスコープ(のぞき窓)が取り付けてある。
掃き出し窓(ベランダ等の窓の最下部が床面の位置まである窓)
道路からよく見える。
防犯合わせガラスを使用している。
ロック付きクレセント(窓に取り付けられている締め金具)と補助錠が付いている。
窓シャッターや雨戸が付いている。
見通しの悪い窓
面格子が付いている。
バルコニーの柵に格子等があり、バルコニーの中が道路や通路からよく見える。
縦とい、手すり等を伝って、バルコニーに登られない。
バルコニーに面する窓に防犯合わせガラスを使用している。
ロック付きクレセントと補助錠が付いている。
塀、柵、垣根
見通しのよい構造である。
上階への足場になっていない。
門扉
外部から容易に侵入できないような構造になっている。
錠が付いている。
植栽は、見通しのよいように剪定されている。
窓のそばに足場となるような物を置いていない。
チェックの数が多いほど、防犯対策が施されていることになります。
編集協力 警察庁生活安全局生活安全企画課
社団法人 日本訪販設備協会


出入管理システム必要度診断シート
夫婦共働きのため、子供が一人で家にいる時間が長い。
ゴミ捨ての時や少しの外出ではカギをかけない。
玄関のカギをかけ忘れることがある。
15年以上前から玄関のカギを換えていない。
合カギを新聞受けや植木の下などに隠している。
家の周りに塀や生垣などがあり玄関が見えにくい。
来客を確認せず、ドアを開けるほうだ。
家族が多く、外出時間もバラバラである。
近所で空き巣被害や不審者情報が多い。
できるならば、カギは持ちたくない。

お問い合わせはこちらへ